ハイサイ。きのこです。
前回記事inネパール(day3)の続き。ネパ入りして3日目のお話。

前日の夜「アシタハモウフリータイムヨ。ビジネスナイヨ。」と言っていた東京在住シュレスタ。
そりゃそうだ。日曜だし我々もぶっとおしで突き進んできたので休みくらいほしい。

しかし。
朝、ホテルのロビーに降りると誰か待っているではないか……。
これまた薬草関係のお仕事をされている人で、朝からホテルのロビーで紫ウコン&秋ウコンを広げる始末。
DSC_0002.jpg

我々は思ったよ。
え?フリータイムじゃないの!?ってね…。

間髪入れずに誰か新たなキャラが登場するんですよ毎回。
この東京在住シュレスタがヘラヘラしながら「ダイジョーブ。コレオワッタラオワリ。」と毎回言うけど100%うそ。

ウコンの説明終わったかと思えば「コーヒーノツクッテルトコロイクヨ。イマカラ。」と平気な顔で言うシュレスタ。
はい。行こう!行きましょう!!

ホテルから車で約5分ほどの場所に移動しました。
キレイな敷地に入るとコーヒーの良い香りが漂ってきました。
そしてこちら。ネパールコーヒーを愛してやまない、その名もシュレスタさん。
DSC_0034.jpg

彼の作るコーヒーは国内ではとても有名で、4つ星や5つ星のホテルなどで出されるほど評価が高く質が良いんです。

「ネパールはコーヒーが美味しいのにあまり知られていない!!」と力説するコーヒーシュレスタさん。
DSC_0005.jpg

このネパールのオーガニックコーヒーの魅力をぜひ日本へ!!という想いがとても伝わってきました。
DSC_0007.jpg

我々ももちろん試飲しました。
その後は工場内まで見学させてくれました。
豆の皮むきから、粒の大きさの仕訳、焙煎の様子まで。
DSC_0016.jpg DSC_0010.jpg

日本にいても、こういう作業はなかなか見る事はできないと思いました。
DSC_0012.jpg

写真大好きネパール人…。

「ホラ、コレモトレ」と言わんばかりに中身を見せてきたのでパシャリ…。
DSC_0019.jpg

その後は手作業での袋詰めの様子も拝見。
ネパガールがせっせと作業します。
DSC_0030.jpg

ラベル貼りや消費期限のスタンプ押しも手作業。
DSC_0027.jpg

いや~、いいもの見せてもらいました。

ところでこのコーヒーシュレスタさんの家のお庭に銅像のようなものが祀られておりまして。
WS000002.JPG

これは何だ?ときくと彼のおじいちゃんだそうで。
なんでも、おじぃちゃんを神様としてここに祀っているのだとか。

お、沖縄の先祖崇拝と似てる!!とビックリしちゃいました。

しかしもっとビックリしたのは、このおじぃちゃんの周りに野生のシマリスがウロチョロしてたことかな。
わかりますかね?
WS000000.JPG

さて。
この時点でお昼を回ってますが、誰もランチの話をしないんですね。

そう。ネパール人にはランチを食べる習慣がありません。
と、いうよりも小腹が空いたら何かほおばるようなことはするとは思いますが、日本人のように「12時だ!お昼にしよう!」ということにはならないんですね。

だからアピールしないとランチスルーされちゃいます。

さてさて。コーヒー見学の後は、東京シュレスタのこれまたトモダチ(顔広すぎだろ…)の方が、ホテルマンや調理師などを育成する学校をやっているとのことでそちらへ移動。

普通のレストランのような施設の中は学校になっていて、そこで学生さん達が調理した料理を食べましたよ。
(写真とってなーーーい!!笑)
給仕など、周りにいる蝶ネクタイしたウェイターさんもみんな学生さんでした。
スゴイ施設です!!!

食事のあとは教室見学。
カクテルの作り方や、お酒の名称などを覚える授業やってました。
DSC_0041.jpg

先生らしき人が「ナンカノミタイカクテルアルカ?」と言いながらどんどんカクテルもってきます。
DSC_0044.jpg

うちの社長はマルガリータを作ってもらってました。
DSC_0046.jpg

生徒さん達の授業してる横で、いい大人たちカンパイ。
DSC_0045.jpg

その後も別の授業風景も見せてもらいました。
DSC_0050.jpg

ここで育った生徒さんはいろいろな分野で世界に羽ばたいていくというわけです。
ネパールもカースト制度がちょこっとのこっているような国なので、確かな職があるのは宝かもしれませんね!!

学校内も見て回りましたが、学校というよりホテルなんかにしたほうがいいかも!と思えるほどオシャレでキレイな施設。
DSC_0052.jpg
DSC_0053.jpg

ネパールは植民地になったことはありませんが、隣国であるインドとイギリスが戦争中に、イギリス側にグルカ兵という傭兵を派遣していたという歴史があります。

こういったわけでイギリスの文化が古くからの建物に色濃く残ってるわけなんですね。どこかヨーロッパ調。
DSC_0056.jpg
DSC_0051.jpg

さて、この施設をあとにした我々一行ですが、東京シュレスタ「チョットシリアイノジムショイクヨ」と言われまたまた付いていきました……。

ここまでフリータイム一切ありません。

DSC_0057.jpg
 
 ←ここはネパール人を世界に送りだす
 お手伝いをしている会社。
 日本への参入は今からだと、社長さん
 と会長さん直々にお話を伺いました。

 どこへ行ってもネパール人は夢がいっ
 ぱい!!
 
 ちなみに…
 写真右の方もシュレスタさん。

どれだけいるんだよシュレスタ……

ここで説明を聞いたのが約1時間。
(もう写真なんか撮らなかったもんね)

で、17時過ぎ…。
ようやくここへ来て初めての観光へ。

day4②へつづく……

業務スタッフ きのこ

投稿者プロフィール

サンライフの飼育係、きのこです(v・∀・)v゛
周りに起こった楽しい出来事は、切って盛りつけてブログにアップするよ。

大好物はおいしいお肉。お肉だよ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. 2017-4-14

    黒しょうが粒【黒ウコン・ブラックジンジャー・クラチャイダム】

    希少な天然黒しょうがを、無添加サプリに …

ピックアップ記事

  1. ハイサイ。きのこです 2月ももうおしまい。 沖縄どんどん暖かくなってきてます! …
  2. ハイタ~~イ奥原です 今日は皆さんに幸せをおすそわけしますよ~  どこの神社かはさだかじ…
  3. 前回記事inネパール(day4①)の続きです。 これまでたくさんの“シュレスタ”が登場してきま…
2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

  1. 希少な天然黒しょうがを、無添加サプリに …
  2. 海洋生命を司る神からの贈りもの。 送料無料 沖縄イラブ 海…
  3. 美容も健康もアレルギー対策も! 送料無料 まるごとグァバ粒 …

お問い合わせ

サンライフ沖縄
TEL:0120 - 088 - 701
FAX:098 - 894 - 7492
またはお問い合わせフォームから

ページ上部へ戻る